NEWSarama サイトより
2015-01-21_153016

我々が全ての答えを受け取るわけではない間、Newsaramaはシークレット・ウォーズについて長引いている10の質問で、マーベル・ユニバースの終わりと後に続く新しいマーベル・ユニバースを配置する準備ができている。

10.何がマーベルのオンゴーイングシリーズに起こるのか?
マーベルのプレスイベントからで得来ている最大の問題の1つはマーベルのオンゴーイングシリーズに起こること。ブレヴォードが「多分一組に何かあるとすれば、それはより安定ではない。」をはっきりさせる間、アロンソがシークレット・ウォーズが「タイトルカウントを少し削る」と話した。不透明なのは正確にどのタイトルが切り抜けるかということ。アロンソは「我々はそれほど崩れたくない。誰もこれによって不意打ちを食わされない。誰でも『シークレット・ウォーズ』まで、それを越えて彼らの話しを語ることができるための長年の準備を持っていた。」

9.すべてが新しくすべてが異なるアベンジャーズはどのようにタイインするのか?
それらのタイトルの1つは疑う余地なく最近発表されたオールニュー・オールディファレント・アベンジャーズだ。1週間前までトム・ブレヴォードはアベンジャーズタイトルがシークレット・ウォーズの間、棚にでないと話した。おそらくもうひとつの計画的なタイトルはアベンジャーズブランドを確実にするために名前を変えられた。

8.シークレット・アベンジャーズはどれくらい手を伸ばしているのか?
我々が見たプレビュー画像がから判断してマーベルの巨大なコミック全作品から、バトルワールドを創り出す際に立ち入り禁止ではない。しかし、マーベルの他のメディアはどうか?マーベルパブリッシャーのダン・バックリーがマーベル・シネマティック・ユニバースを出版ラインに完全に集積することは不可能であると主張する間、若干の部分が新しい世界で自分の道を捜し出すかもしれないと言って差し支えないようだ。

7.誰が生き残り、何が彼らに残されるのか?
誰がシークレット・ウォーズを乗り切るのか?死に関してではなく概念に関して、それを知るのは割るのが難しいナッツのようだ。注目を集めるマーベルが予約し発売する、ハワード・ザ・ダックとアントマン等が連続性の特定の面が変わらず続くのを見ると仮定することができる。それも新しいソーとキャプテン・アメリカがまだシークレット・ウォーズの後、走り回っている安全な賭けのようだ。一方でこの新しい現状の明らかな犠牲者が一部いる。ファンタスティック・フォーは若干の形または違う形で帰ってくる。そして、おそらく彼らが古い方向の61年に乗り出したので新しいマーベル・ユニバース来る。しかし、中心的な行く手から離れたサイクロプスのようなX-MENはどうか?

6.シークレット・ウォーズは重い連続性のイベントか?
40以上のロケーションのバトルワールドの上でそれを作ることは、シークレット・ウォーズで現れているいくらかの深いカットがありそうだと言って差し支えない。しかし、どれくらいそれらの一片はより大きい絵にとって重要か?シークレット・ウォーズを完全に楽しむには、マーベルの54年の歴史についての大百科を必要とするのか?出版の動きは1つの理由のために起こるだけだ。売上。それはマーベルが創造的に破産しているということになっていない。むしろそれは出版を合理化して再構成することが新しい読者の歓迎、または単に新たなアクセスができるスタートの前提によってされるという考えを補強する。そして、それは鍵だ。

5.何がアルティメット・ユニバースを保つ価値があるか?
マーベルのアルティメット・ユニバースは2000年代にデビューし、ブライアン・マイケル・ベンディスとマーク・バグリーの非常に人気のアルティメット・スパイダーマンによって先導された。新しい読者が始めから参加するのを許すようになって、アルティメット・ユニバースは40年のバックストーリーの複雑化から解かれる、彼らの大好きなキャラクターを特徴としているストーリーを切望したそれらのファンに訴えた。もちろん15年後にアルティメット・ユニバースは必ずしもそれらの境界もなくなる。その中心的なタイトルが終わっているアルティメット・X-MENとマイルズ・モラレスのための場所を開けたくてたまらない、その世界の諸相は自分たちだけでほとんど近づきがたくなった。しかし、たくさんの良いものがまだそこにある。マイルズモラレスは個人としてほぼ間違いなくポスト・シークレット。ウォーズユニバースに何かする。

4.誰が死者から戻ってくるのか?
シークレット・ウォーズの移行を生き残る質問があり、小さい問題もある。誰が復帰するのか。1つにはその確かなルックスはビヨンダーに合う。それを越えて手に入れる?アロンソもグウェン・ステイシーの復帰をからかった。そしてマーベルが何かをしそうであるならばそれを行った。「これは、それをするための場所だ。」 もちろん彼女自身のタイトル、スパイダーグウェンはちょうどシークレット・ウォーズ前の発売でファンはグウェン・ステイシーがスパイダーウーマンとして、スパイダーバースのからの人物であると知っている。そして、現在ウルヴァリンは死にシークレット・ウォーズで現れることで、ローガンの若干のバージョンが新しいユニバースでぴんぴんしていることは安全な賭けだ。それがクラシックの復活か、他のバージョンの統合であるかどうか誰にもわからない。

3.新しいマーベルユニバースの建設者は誰か?
ジョナサン・ヒックマンはシークレット・ウォーズの後の主流コミックから休んで、誰がマーベル最大のフランチャイズ、アベンジャーズを運転しているのかという問題がある。ヒックマンは明らかにこの数年間の強い推進力だった。そして、シークレット・ウォーズの方へすべてのマーベルユニバースを導いた。誰が彼の不在で進むのか?新しい創造的チームにおいてアロンソは「我々はそれほど崩したくない。誰もこれによって不意打ちをくわされない。誰でも『シークレット・ウォーズ』まで、そしてそれを越えて彼らの話しを語ることができる長年の準備を持っていた」と彼話した。言い換えるとこの質問に対する答えがむしろすぐに明白になるかもしれない。

2.ニュー52はこの決定にどれくらい影響があったのか?
ブレヴォードはシークレット・ウォーズがこの数年間、このイベントがマーベルナウ!の始めからアベンジャーズラインの終盤としてあったといった。DCnoニュー52にすぐに続いてリブートを発明したということにはならないが、DCが楽しんだ販売衝突を欠席することはできなかった。

1.これはリブートなのか?
おそらくシークレット・ウォーズを囲む一番の疑問はこらがリブートかどうか。我々は正確に何をその異なる世界のマーベルの統合というのか?アロンソは「読んで発見して下さい」と言って、Q&Aでは「我々は壊れている歴史または固定する何かを見ない。何かあるとすればm我々はその歴史に基づいている、最高最大の部分を撮って彼らがどれくらい簡単にお互いと共存するかについて見ると思う。」その答えは必ずしも簡潔ではない。我々がマーベルの歴史の全部をの改訂を見ないかもしれない間、若干の変化がありそうだ。生き残るアルティメット・ユニバースの部分がマーベルの歴史に組み込まれる、または水に油を混ぜることは新しいマーベルの魅力の一部か?もはや動いていない一片が取り残されて、アルティメット・ユニバースは残った隙間を満たすのに用いられるのか?肝心な点はアロンソとブレヴォードは特に「リブート」のような条件を避けている。しかし、コミックが我々の手に来るまで、我々は変化がどれくらい深いかわからない。


Secret Wars
Jim Shooter
Marvel
2011-12-28