COMIC BOOK.com サイトより
2014-11-28_141737

マーベル・スタジオはどくろのようなシャツを着た自警だいんがいつ姿を表すことができるかほのめかしている。
マーベルは昨年ゴースト・ライダー、デアデビル、ブレイドと共にパニッシャーに対する権利が戻ってきた。
今のところマーベル・シネマティック・ユニバースにパニッシャーを繋ぎ結ぶことができる5つのコミックストーリー。

5.「フィア・グロウズ・イン・ブルックリン」(キャプテン・アメリカ #241)
キャプテン・アメリカとパニッシャーの両方が同じギャングを追いかけ、キャップは犯人を冷酷に殺そうとするパニッシャーから守ろうとする。

4.「クライム・アンド・パニッシュメント」(アルティメット・コミックス アベンジャーズ 2)
マーベルのアルティメット・ユニバースでのアベンジャーズに加入する。高潔なアルティメッツが決して関係しない「汚れ仕事」を扱うフューリーのチーム。

3.「パニッシャー:ウォー・ゾーン」(Vol.3)
パニッシャーは元アメリカ海兵隊員を脱獄させたことでアベンジャーズと対立する。

2.「シビル・ウォー」(パニッシャー・ウォー・ジャーナル Vol.2 #1-3)
分裂したアベンジャーズの闘争におけるパニッシャーの動向。

1.「チャイルズ・プレイ」(デアデビル #182-184)
法律制度を犯罪とばつの世界整理させることが理想のデアデビルと、自分自身を世界の悪の裁判官とするパ日射0が対立する。