CBR サイトより
2014-11-21_172619

定期的なスパイダーマンに関するインタビュー。今週はニック・ロウが「アメイジング・スパイダーマン #10」やそのほかタイイン作品に関して話す。

CBR:
「ニック、相当な数の補助巻がアンソロジー・シリーズ「スパイダー・バース」を含むイベントのためにある。
その巻はいくつかのスパイダーと多くの老けたなじみの顔を含む内容でいっぱい詰まっています。
具体的には私は新聞のあらわになるダン・スロットとトム・グラメットのプロセスを検討したかったです。
どのようにその物語は起こりましたか?」

ニック・ロウ:
「それはすべてダンのアイデアだった。
彼が最初から話したかったことは1つのストーリーだった。
彼は新聞のスパイディをまねたくて、それができるだけ古典的な一片に近いことを望んだ。
とにかく、彼には毎日の新聞社で働いている方法でするこの考えをがあった。
そして、それは私をめちゃくちゃにした。
私はそれを正確で不可欠なチームをまとめたかった。
トム・グラメットとトム・パーマーを入れて、彼らはちょうどそれらを押し進んだ。
それはとてもよく見える。それらの古典的なジョン・ロミータ、スタン・リーのコミックに完全に適している。」

全文はこちら