CBR サイトより
2014-10-24_141610

今週のスパイダーマンデータはニューヨーク・コミコン2014で発表されたシルクやスパイダー・グウェンのオンゴーイングシリーズについてニック・ロウと話す。

CBR:
「ニック、スパイダーマンブックファンのためにいくらかのかなり驚くべき発表がNYCCでもたらされました。
『スパイダーグウェン』がオンゴーイングシリーズへはキャラクターの反応の結果として起こったことですか?」

ニック・ロウ:
「それは私の秘密の要望だった。
しかし、それを越えて本当にそれが可能にしたことはそれが燃え付いたからだ。
最も狂ったもの、その問題は我々が印刷やデジタルで無視することができなかったものだ。
我々はマーベルでかなり前に計画して、それらがどうのように行くのかわからなく、この『スパウダーグウェン』シリーズは計画の一部ではなかった。
ロビーのデザインはジェイソンの燃えるようなスパイダーワールドの設定した素晴らしいストーリーで繋がった。
マーベルは我々がどこにいたのか『我々は現在こうしなければならない!』と要点に触れた。
それはすべての作者がそれに打ち込んだ情熱だ。」

全文はこちら 



Edge of Spider-Verse
David Hine
Panini Books
2015-01-14