CBR サイトより
2014-09-12_231342

殺人調査は長く埋められた秘密を掘り起こすという予想外の副作用があった。
特に犠牲者がこれらのミステリーに関与している人物は。
ライターのジェイソン・アーロンとアーティストのマイク・デオダートによってマーベル・イベント「オリジナル・シン」が起こった。
シリーズの最終巻「オリジナル・シン #8」でウォッチャーの調査チームとフューリーの関係に、ヴィランのミダス・ファミリーと彼らの同盟者オーブを持ってきた。
アーロンとマーベルの編集長トム・ブレヴォートのインタビューが行われた。

CBR:
「ジェイソンとトム、このシリーズが開始した殺人ミステリーを囲む大きな正体から始めましょう。
「オリジナル・シン #8」のフラッシュバックで我々はニック・フューリーがウォッチャーに止めを刺した人であったのを見ました。
しかし、それはウォッチャーがフューリーが武力行使するよう引き起こしやシナリオのようにも見えました。
それは本当ですか?」

トム・ブレヴォート:
「私はそのように論拠することができるし、被告側がその論拠を述べると思う。
どれくらいの真実がそれにあるのか?
あなたはそれらのイベントが偶然あなたに出くわすのを見ると、あなたはウォッチャーが何を言うかそしてするか、ニックが何を言うかそしてするかについて結論を少し出すことができる。
他に何が人々の頭で起きているのか、特にコミックで我々の読者はしばしば非常にきちんとして単純なものが好きだ。
しかし実生活での大部分の他のフィクションはほとんどの場合きちんとしておらず、単純じゃない。
人間は難しいものだ。
彼らは無数の理由のために予想できる行動を必ずしもしない。
それで私は曖昧さがある状況が常に好きだ。
若干それにも基づいているために読者はちょっと自分自身の代わりをしなけらばならない。
必然的に読者は見上げる。
そしておそらく来年の間、ジェイソンと自分はこの質問の少し説明を訪ねなれる。
一部の読者は曖昧さが好きではない。
彼らは決定的な言明を望む。
しかし、私は曖昧さが好き。
それで私はものが彼らを受けさせていて十分満足です。」

ジェイソン・アーロン:
「はい、確かに私はこのような何かに関して曖昧さのファンだ。
あなたはそれを言うことができた。
ウォッチャーはニックを刺激した。
しかし、それはあなたがどうにかニックにフリーパスを与えることができて、これが自衛であったということができることを意味しない。
そしてそれは私が常にそうであってほしかったということ。
あなたが殺人に対処している時、謎の物質はそれの終わりまでにきちんとした感触がしてはいけない。
我々が引き金を引いたそれを知っているという点で、それはきちんとしていて単純だ。
我々はニック・フューリーであったということをしっている。
それがどのようにして、なぜ起こったのか以外に関してはこの点で非常に明白だろう?
おせっかいを止めて討議されることができたものがある。
確かにフューリーはそれの価値があったように感じて、また一方ではその状況から急に出ていく。
これは彼が義務を果たして仕事をするためにしなければならないこと。
それで彼は物語の主人公であると自分に言い聞かせている。
あなたが彼に同意するか、しないかは読者次第だ。」

全文はこちら。