MARVEL 公式サイトより
2014-08-27_194319

1980年代の始まりと共にやってきたシーハルク。
スタン・リーは「サベッジ・シーハルク #1」で彼女をいきなりメインタイトルで登場させた。

サベッジ・シーハルク #1で読者にジェニファー・ウォルターズを紹介した。
ロサンゼルスで弁護士として働き、そして超人ハルクのいとこであること。
逃亡者となっていたブルース・バナーは援助を求めて彼女の所に来た。
しかし、彼はすぐ年下のいとこ自身に問題がすでにあることがすぐにわかる。
「ジェン、君に警告しなくちゃならない・・・、君に危険があるかもしれない」
とブルースが言った。
「危険?」
とジェシカは言い返す。
「私は刑事専門弁護士よ!
危険に耐えるわ!」
ほどなくしてウォルターズはモンクトンという犯人の部下は彼女を殺しにやってきて直面する。
彼女は臆することはなかったが銃弾の前に重傷をおってしまう。
ブルースは彼女に輸血することで彼女を放射線にさらしてしまった。
ウォルターズが病院で起きた時、殺し屋もまた戻ってきていた。
しかし、彼が彼女の野蛮な変化の前にどうすることもできなかった。
殺し屋はおびえて彼女に、
「彼女はまるで、シーハルクだ!」
彼女はいとこのブルースとは違い、すぐに彼女の新たな分身に対処した。
「輸血のせいで引き起こったに違いない!
私は貧しい医者のようなガンマモンスターになった!
しかし、私はそれに耐えることを学ぶ!
今後はジェニファー・ウォルターズができないことは何でも、シーハルクがする!」